So-net無料ブログ作成
検索選択

ウィリアム王子ロイヤルウェディングとダイアナ妃事故の真相 [ダイアナ]

英皇太子ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式がとり行われる。

エリザベス女王(Queen Elizabeth II)の名前で出された招待状により、王族や各国首脳、親族、友人など1900人が招待されるというから、そのスケールは最大級だ。

ウィリアム王子のお母さんは言わずと知れたダイアナ妃だ。

チャールズ王太子との結婚は、世紀のウエディングとして全世界の注目を集めたものだ。

結婚後亭主には結婚前からに及ぶ長年の愛人が発覚したり、自分も不倫街道をばく進したり、ついには離婚という結末になるとは、この時はつゆほども知る由もなかった事だろう。

そして、交通事故による急逝。プリンセスダイアナは最後まで世界の注目を集めたのだった。

本名は、ダイアナ・フランセス・スペンサー(Lady Diana Frances Spencer)という。その美貌で話題をさらったが、若いころから相当の美少女だったようだ。

その美貌ゆえか、プリンセスになる前からダイアナ妃の周囲はパパラッチがむらがり、異様な雰囲気だった。 なにしろ、実はかなりの巨乳でSEXYな女性であったことも疑う余地はない。

それにしてもパパラッチの過激な追跡や潜入盗撮は限度を知らず、ダイアナ妃もその周囲の人もかなりまいっていたようだ。

こんな写真を撮られて、全世界に報じられるのだから、たまったものではないだろう。

ダイアナ妃を世紀のヒロインに仕上げたとどめの一撃が、36歳という若さでの交通事故死だ。

フランスの首都のパリで、当時の恋人であるエジプト系イギリス人の大富豪のドディ・アルファイドとともにパパラッチに追跡された果てに、乗車したパリのリッツ・ホテルのメルセデスベンツS280のハイヤーがパリ市内のトンネル内で交通事故を起こし急逝した。

これはもう車はめちゃくちゃ、シートベルトもしていなかったというからその惨状たるや、想像するのも正直怖い。ダイアナ妃は、救急隊員がかけつけた時はまだ生存していたということで、今になって情報が出回っている。

動画もあって、心臓の弱い人は見てはいけない代物だ。こんなひどい事故では・・・

うわ!これはヤバい!

かくして、ダイアナは永遠のプリンセスになってしまったのだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。